​BACKGROUND STORY

月明かりの下、コートに身を包み白い息を吐きながらあなたは足早に歩いている。

 

冷えた道を暖かな光が包み込んでいた。

 

近寄ってみると温度差で窓が曇り中が見えない。

あなたは袖の裾で窓を拭い中を覗いてみる。

そこに1人の女性が机に向かって何かをしていた。

 

テーブルの上には、地図やコンパス、そして地球儀やティーカップが並べられ

耳を傾けるとケルト調の音楽が心地よく流れている。

女性は棚にあったティーセットを取り出し

紅茶を入れ始めた

カップからは暖かそうな湯気が出ていて、

息を吹き、紅茶を味わう

今日は特別な日…

店内のツリーは一際輝いて見える

 

再び女性に目を向けると羽ペンを勢いよく走らせている。

きっと誰かにクリスマスカードを書いているのだろう

 

 

どれくらいこの場にいただろうか…

 

冷え切った体を温めるために、足早に家路に着く

 

 

 

 

暖かい紅茶を飲むために…